親子で診てもらう歯医者さん

>

口の中の強い味方

長く通えるという利点

親子で通える歯医者さんには、子供が小さな頃から通い始めると思います。
つまり、そこには子供の口腔内の歴史が記録されているという事です。
何か深刻な事態が起こっても、過去のデータが全て揃っているわけですし、治療や診療の経過を医師本人が経験しているわけですから、安心できますよね。
また、先生によって診察手順や使用する機材は違いますから、馴れているものであれば不安もありません。
それに、昔から知っているわけですから、医師や衛生士さんとも仲良くなることで、子供が大きくなって一人で歯医者さんに通うようになっても、親は心配することなく通わせることができるわけです。
口腔内の健康をしっかりと見守ってくれる歯医者さんを持つことは理想です。

親知らずや矯正などの治療やアドバイスも

親知らずが生えたり、歯並びの相談をしたりと、歯科医師に聞きたいこと、お願いしたいことは意外とたくさんあります。
口の中の管理を一手に引き受けてくれている先生に相談したりアドバイスをもらう事も、子供が一人で聞くよりも親子で確認したほうが良いですよね。
同じ歯医者に通っていれば、パパやママの受診時に子供の治療の進捗を確認することもできます。
また、大人の診察時に言われたことは、将来子供も言われる可能性もあるわけで、そうした話をすることで、子供の未来の口の中を守る事にも繋がります。
実際の診療や治療だけでなく、よく知っている信頼できる歯医者さんがあることは、子供とってもパパ、ママにとってもストレスなく任せることができる強みでもあるのです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑