子供と一緒に通える歯医者の魅力

親子で診てもらう歯医者さん

前向きに通える歯医者さん選び

「歯医者さんはコンビニより多い」という言葉、聞いたことないですか? 確かに、歯医者さんってあちこちで見かけますよね。 実際にコンビニよりも歯医者さんは多いそうです。 そんな沢山の中から、自分に合った信頼のおける歯医者さんを見つけるのは大変な作業です。

双方にプラスになること

家族のかかりつけ医は、今も昔もいると安心な存在です。 医師は患者さんの状態を診察するだけでなく、医師は周りの状況や情報を総合して判断するので、家族の情報があることはより正確な診断をするのにとても有利な事です。 親子で掛かれる歯医者さんがいることは、どちらにも得になることです。

歯医者さんはたくさんあるけど

歯医者さん、好きですか?
痛かったり不自由だったりと、好んで通う人は少ないかもしれません。
食べ物を食べたり話したりする口は、昔から予防医療が大切であると言われてきました。
食べ物はよく噛むこと、甘いものの過剰な接種は避けること、歯磨きをしっかり行う事など、小さい頃からよく言われていたと思います。
虫歯がなくても、歯槽膿漏や痛みがなくても、定期的に検診してもらう事も大切な事です。
でも忙しくてついつい後回しにしてしまう人が多いのではないでしょうか。
大人になれば自己責任、それでもいいかもしれませんが、子供にとってはこれから長く使っていく歯ですから、大切にしてあげたいものです。
少しでもパパやママに負担がかからず、子供の口の中の健康を守ってあげるには、同じ歯医者さんに通う事も有効な方法です。
子供の診察は、大人と違う事も多く、特に乳歯が生えている時期は、今ある歯とこれから生えてくる永久歯のどちらにも気を付けなければいけません。
また、実際に生え変わりの時期に、最近が入ってしまったり、永久歯の場所がおかしかったりすることもあります。
そんな時に気軽に受診、相談できる歯医者さんがいれば心強いですよね。
ところで、良い歯医者さんの見分け方ですが、「治療や説明にしっかりと時間を取ってくれる」「治療の選択肢を挙げてくれる」「患者さんの話をしっかり聞いてくれる」などが挙げられます。
ここに、子供が受診しやすくなるような、「怖がらないように声をかけてくれる」「やさしい」などの条件が入ると、かなり難しそうです。
逆に、これらの点で満足できる歯医者さんは大人も通いたくなりますよね。
親子で通える歯医者さんの良いところを、調べてみました。

口の中の強い味方

親子二代の歯を診てくれる歯医者さんにお願いすることは、受診する私たちにとっても歯医者さんにとっても、利点が多いことです。 良い病院を探す、理想的な医師に巡り合う事は、とても幸運な事です。 困ったときに頼りになるお医者さん、いてくれるだけで安心なかかりつけは是非持っておきたいものです。

TOPへ戻る↑